織田作之助の生まれ、育った地−上汐町、谷町筋その一

楞巌寺近辺の地図 大阪市天王寺区城南寺町1−26

織田作の眠る楞巌寺(城南寺町)門前
                                               2008年11月17日撮影

昭和24年1月10日、楞巌寺に「織田作之助墓」が建ち一枝
と共に葬られる。
高津中学同級生の田尻玄龍師がご住職
で、どちらの葬儀でも読経された。
 妻一枝、昭和19年8月10日、織田作之助、昭和22年1月23
日に執り行われている。
 谷町筋界隈は織田作が終生愛した地である。
織田作之助のお墓
2009.6.20撮影
楞巌寺再訪。からほり通りの
花屋さん「山頭花」で買ったささやかな
お花を捧ぐ。


常樂院章譽眞道居士
(織田作之助 戒名 1947.1.10逝去)

 一譽妙鏡禅定尼
(妻 一枝 戒名 1944.8.6逝去)


2008.11.17最初の訪問で見落とし、2009.6.20
再訪して確かめる。


織田作之助墓

小説家織田作之助ハ大正二年十月二十六日大阪市天王寺区
上汐町ニ織田鶴

吉たかゑノ嫡男トシテ生レ高津中学校ヲ経テ第三高等学校ニ
学ンダ天賦

ノ文才ハ夙クヨリ現レ處女作夫婦善哉ニヨツテ一躍新進作家
ノ最前列ニ加

ラレタ 爾来ソノ警抜ノ着想ハ奔逸シテ郷土大阪及ビ大阪人
ヲ主題トス

ル長短ノ佳篇ヲ相次イデ発表昭和文壇随一ノ小説巧者ノ名ヲ
擅(ほしいまま)ニシタ サ

レド惜シムベシ鬼才ハ文学ヲ熱愛スルノ余リ虚弱ノ己ガ肉体
ヲ忘レタ即チ

讀賣新聞ニ長篇土曜婦人ヲ連載中東都ノ旅舎ニ宿痾革マリ
昭和二十二年一

月十日ロマンヲ発見シタノ傳説的ナ一語ヲ遺シ世ヲ挙ゲテノ
哀惜ノ裡ニ忽

焉トシテ夭折シタ  行年三十五歳


       昭和二十三年十一月     藤澤 桓夫文

                    吉村正一郎書
                       
                 常樂院章譽眞道居士

                  一譽妙鏡禪定尼
織田作之助墓 小説家織田作之助ハ大正二年十月二十六日大阪市天王寺区上汐町に織田鶴 吉たかゑノ嫡男トシテ生レ高津中学校ヲ経テ第三高等学校ニ学ンダ天賦 ノ文才ハ夙クヨリ現レ處女作夫婦善哉ニヨッテ一躍新進作家ノ最前列ニ加 ヘラレタ 爾来ソノ警抜ノ着想ハ奔逸シテ郷土大阪及ビ大阪人ヲ主題トス ル長短ノ佳篇ヲ相次イデ発表昭和文壇随一ノ小説巧者ノ名ヲ擅ニシタ サ レド惜シムベシ鬼才ハ文学ヲ熱愛スルノ余リ虚弱ノ己ガ肉体ヲ忘レタ 即チ 讀賣新聞ニ長篇土曜夫人ヲ連載中東都ノ旅舎ニ宿痾革マリ昭和二十二年一 月十日ロマンヲ発見シタノ傳説的ナ一語ヲ遺シ世ヲ挙ゲテノ哀惜ノ裡ニ忽 焉トシテ夭折シタ 行年三十五歳  昭和二十三年十一月              藤澤  桓夫 文                             吉村正一郎 書                         恒樂院章譽眞道居士                          一譽妙鏡禪定尼


楞巌寺本堂前 織田作之助墓 墓誌 全文 (刻文字のマ
マ)
文は藤澤 桓夫 書は吉村正一郎

2008.11.17、2009.6.20 二度訪問・実写より起こす。
大谷晃一著「生き愛し書いたー織田作之助伝ー」
(昭和四十八年十月八日第一刷 講談社)と照合。
(なお、大谷氏の本の掲載文字は、新漢字に改めているの
で、碑文のママ写し取ったのはこれが初めてと思われる。)
2010(平成22)年正月5日、楞巌寺再々訪問。
 何と高津中学同級生の田尻玄龍ご住職がお出ましにな
る。かくしゃくとしたご様子で、「今年九十六歳で、高津中
のB組の同級生やった。」と思い出話もされる。お線香も自
ら火をつけられる。
 写真も撮らせて頂いて、何という至福の時。この10日に
は、オダサク倶楽部の方々で六十三回忌の法要も営まれる
とのこと。

「自分は中学の時病気して、留年になったが、あとは元気に
生きてきた。織田は三高で結核うつされたのが悪かった。」
「東京に出て行くのは、みんな引き留めたが、飛び出してい
った。死にに行ったようなものや。」などとも話された。
一言一言が同時代を生きた証のようで、身の引き締まる思い
だった。


田尻玄龍ご住職は、2010(平成22)年10月10日御逝去され
ました。謹んでご冥福をお祈り致します。
これは、「オダサク倶楽部」の「善哉忌2011.1.10」の案内
によって知ったことでした。お正月にお会いした時には、まだ
まだお元気で長生きされると思ったのですが。
織田作之助の墓にお線香を上げられる田尻玄龍ご住職。
 右手に杖をお持ちだが、足取りはしっかりしておられる。

偶々この正月、鎌倉の病院にいる義父を見舞ってきたばかり
なのだが、大正3年寅年生まれの九十五歳。ご住職や織田
作の一つ下ということになる。
 今回身近な人との関係を初めて意識した。そんなこと考え
ると、我が父親は明治45年生まれ、織田作の一つ上というこ
とになる。むろん生きた世界は違う。

父は昭和20年2月「旧満洲國海拉爾(ハイラル)」にて
戦病死。
 33歳は織田作と一緒だが。少なくとも昭和10年代大阪市
都島区で生活し(鐘紡の工場長をしていたとか、後自営で既
製服縫製業を始めた)、昭和16年12月には母と結婚してい
る。同時代に北と南の隔たりはあるが、同じ大阪の空気を吸
っていたということになる。
 もっとも父は岐阜県養老郡時村出身、母は尾張の丹羽郡
前野生まれで、ともに大阪人ではない。僕は都島本通りの江
藤産婦人科で昭和18年に生まれているので、大阪出身と言
える。だが空襲の危険もあって、昭和19年、岐阜の祖父母
の家に預けられ、そこで戦後の24年春頃まで育てられたの
で、大阪弁の習得は不十分と言えるかも知れない。オダサク
とはスレ違いということになる。
楞巌寺墓地内にある「織田家先祖代々
墓」。      
今回(2010.1.5)やっと見つけ、お参り出来
た。

墓石の右側面に三名の名が刻まれてい
る。            
雲譽鶴林禪定門  昭和七年九月廿九日      
             
                               織田鶴吉    
光譽明音禪定尼  昭和五年十二月廿四日
            仝  たかゑ
   智譽妙香童女 明治四十三年六月十一日
            仝   こと    
    は夭折した三番目の姉である。

「(昭和11年)十二月二十三日は母たかゑの
七回忌に当たった。楞巌寺に織田家先祖代々
の墓を建てた。父鶴吉、母たかゑ、三姉コトの
名を刻む。作之助建之となっているが、そんな
余裕はむろんない。実際は姉の竹中タツの手
でできた。」
(「織田作之助ー生き愛し書いた」大谷晃一
 沖積社 平成十年七月十八日一刷 143頁)
   裏面には「昭和十一年九月
          織田作之助建之」とある。



「善哉忌」織田作之助しのぶ 大阪・楞厳寺
                 2010年1月11日7時56分配信
産経新聞

 大阪を舞台に、多くの作品を残した作家、織田作之助(1913
〜47年)の命日にあたる10日、作之助をしのぶ「善哉忌」
が、大阪市天王寺区の楞厳(りょうごん)寺で営まれた。
織田作之助は、大阪市南区生玉前町(現天王寺区)生まれ。
小説「夫婦善哉」で文壇にデビュー。庶民の哀感を描き、坂
口安吾らとともに、無頼派として脚光を浴びたが、33歳で死去
した。
    この日の善哉忌にはファンら約50人が参加、墓前で作品
に登場する音楽を蓄音機で流すなどした。作之助と旧制高津中
学の同級生で、同寺住職の田尻玄龍さん(95)が「放課後に
制服姿で道頓堀や百貨店をうろついて、先生に怒られていた」
など思い出を話した。
    市民グループ「オダサク倶楽部」の井村身恒さんは「生
誕100年も近づいてきた。多くの人に作品や人物を知ってもらえ
るよう活動したい」と話していた。 最終更新:1月11日7時56分<B
 
    以上が産経新聞のネットニュースである。
   織田作の命日を「善哉忌」と呼ぶのを初めて知った。
   「作品に登場する音楽を蓄音機で流す」というのに、興味
を持った。
 なるほど友だちの家に蓄音機を持ち込んで、レコードを聴い
ていた、などという話もあるし、クラシックから流行歌までけっこ
う聴いていたようだから。
    そういえば、義父の家の物置からカビついたSPレコード
がたくさん出て来たことがあった。「若いころはカフェーでよう
聴いたもんや。」と言っていた。大正3年生まれの織田作世代
である。

inserted by FC2 system